ENTRY

Fly high with markeROBO

ビジネスだけでなく、
関わる人の人生も飛躍する

マーケロボは、クライアントの飛躍
(Fly high)にコミットするだけでなく
共に働く仲間の成長(Fly high)にも
コミットします。

MARKETING-ROBOTICS
エントリー

私たちの夢

私たちの目指す世界

弊社Marketing-Robotics(マーケロボ)は、テクノロジー、AIによる業務の自動化を推進する会社ですが、人の仕事を奪うための事業会社ではなく、本来人にしかできない仕事を生み出していく、職域を拡大していくロボティクスカンパニーです。テクノロジー進化により、人本来の魅力を引き出し広めることを加速できると考えています。そのために、クラウド営業ロボット「マーケロボ」を開発し、営業・マーケティング領域のDX(デジタル変革)を支援し、クライアントの魅力を広めることに全力を注いでいます。人とテクノロジーの融合で誰しもの魅力が伝わる世の中を目指しています。

事業モデル

私たちは何屋なのか?

クラウド営業ロボット「マーケロボ」を開発し、企業の営業・マーケティング領域のDX(デジタル変革)を支援します。マーケロボはMA(マーケティングオートメーション)と言われるSaaSツールですが、単にツール提供だけではなく、コンサルティングとMPO(マーケティング・プロセス・オートメーション)事業も行い、クライアントの成果に120%コミットする、マーケティングの専門集団です。クライアント企業のマーケティング責任者に成り代わり、事業推進を進めます。

私たちの
クライアントは
誰か?

弊社のクライアントは、営業・マーケティングに課題を抱えている企業です。今よりも成長を望み、自社の拡大により世の中に貢献したいと願う企業です。日本国内に留まらず、海外の企業も当社と契約しています。上場企業や、売上1兆円という誰でも知っている企業、メディアに登場するスタートアップ企業などの営業・マーケティング戦略の立案、実行の支援をしています。 また上記クライアントに加えて、パートナー(一緒に、マーケロボを広げてくれる企業)も当社の大事なクライアントです。弊社マーケロボは、IT業界では稀有な事業モデルであるFC(フランチャイズ)展開をしています。FC本部として、パートナーが活動しやすいようにナレッジを集積し体系化し、日々、最先端テクノロジーを駆使したクラウド営業ロボット「マーケロボ」の開発をしています。-マーケロボ-の開発をしています。

Marketing Roboticsの事業戦略

株主

ディップ株式会社(東証1部2379)

バイトル等運営人材会社
※成長率日本一

株式会社ベクトル(東証1部6058)

アジア最大級の
総合PR会社

株式会社エボラブルアジア(東証1部6191)

国内オフショアNo1
※ネット旅行代理店大手

スターティアラボ株式会社(東証1部3393)

MAツール開発会社
(マーケロボ競合会社)

株式会社オークファン(東証1部3674)

オークション(BD)
解析No.1会社

元メルリンチ副社長
(現バンクオブアメリカ)
(国際金融、株の専門家)

事業の差別化

SaaS×コンサルティング

「ツールを低単価で売り1社あたり単価は小さくてもシェアを広げれば、数年後に大きく儲かる」という博打にも近い戦略は苦手です。
SaaSにコンサルティングとセットで提供することで、導入企業も社内リソースが無くても運用に乗りますし、弊社も高収益なモデルを構築できています。

ITフランチャイズ(FC)戦略

「代理店は沢山あるけど、大半が活動していない」という代理店戦略は取りません。
FCモデルを採用し加盟パートナーには加盟金を頂き共同体として活動します。IT業界でのFC制度構築は類を見なく、マーケロボ特有の事業モデルです。(ITフランチャイズ事業モデル特許出願中)

営業MA→採用MA

企業の営業活動におけるマーケティングと、採用活動のマーケティングの原理は同じです。
MA(マーケティングオートメーション)を営業だけでなく、採用においても活用できるように、クラウド採用ロボット「リクロボ」を今夏にリリースします。

Marketing Roboticsの拡大戦略

アジアNo.1 構想

マーケティングテック業界でアジアNo.1カンパニーになる

中期経営計画

4140回シェアされた事業計画書

2019年1月に約5.4億円の資金調達を行った時、実際に使用した事業計画書とシナリオ(プレゼンの台本)をFacebookにて公開したところ、
4000回以上のシェアと8000名以上のダウンロード希望者となりました。ぜひ、マーケロボで働くことに興味がある方にも見ていただきたいです。

こんな人と私たちは働きたい

また上記クライアントに加えて、パートナー(一緒に、マーケロボを広げてくれる企業)も当社の大事なクライアントです。当社マーケロボは、FC(フランチャイズ)本部として、パートナーが活動しやすいようにナレッジを集積し体系化し、日々、最先端テクノロジーを駆使したMAツール-マーケロボ-の開発をしています。

採用募集している事業部

コンサルティング事業部

自社でMAを利用したいという企業様に対してコンサルティングを行う部署になっています。自社開発ツールであるクラウド営業ロボット「マーケロボ」を活用し、導入企業の営業・マーケティングのデジタル変革支援をします。

パートナー事業部

主にパートナーの開拓とパートナー企業の収益化に向けた支援を行う部署になっています。パートナーの顧客開拓支援、組織構築、パートナー企業のコンサルタントになり、新規事業の立ち上げを支援します。

インタビュー

代表田中が弊社を設立した経緯から、MAツール「マーケロボ」の紹介、要さんのお仕事への取り組み方についてお話ししています。